英語力不問の法務の求人

法務求人TOP >> 法務求人を条件別で探す >> 英語力不問の法務の求人

英語力不問の法務の求人

法務の業務は企業の経営を円滑に進めるためには必要不可欠なものです。そのため多くの企業が法務関係の求人を公開しているのですが、企業ごとに求められるスキルが異なったり、業務内容にも違いが出たりと同じ法務の求人であって希望する業務を行えないということもあるそうです。そのため求人を探す際は自分のスキルや経験を考慮しつつ、自分が行いたいと思える業務内容の企業を探し出す必要があります。例えば外資系企業で働いてみたいけれども英語のスキルはそれほど高くないという場合は外資系企業での業務を諦める前に英語力不問の求人があるかどうか探してみてください。数は多くは無いでしょうが、きっとそういった条件の求人を見つける事が出来るでしょう。

英語力不問の求外資系求人はやはりそれほど多いというわけではありません。外資系企業で法務の業務を行う場合は海外から送られる書類をチェックしたり、外国人スタッフと打ち合わせをしたりと英語に係わる業務が多いためまったく英語が話せないままだと業務に支障をきたす可能性があります。対して英語力不問の外資系企業の場合は書類は全て英語版と日本語版を用意していたり、翻訳専門のスタッフを用意していたりと日本人スタッフが働きやすいような用意をしているそうで、ここなら英語力がないという方も外資系企業で仕事が出来るでしょう。

英語力は自信が無いけれども外資系企業で法務の仕事に就きたいという方の多くは英語力不問の求人を探して応募しますが、実際に働く事が出来たとしてもその英語力をそのままにしておいてしまうことだけはしないようにしてください。外資系企業は社員一人ひとりの能力をしっかりチェックし、それ相応の対応をしています。そのため向上心を持ち常にスキルアップを臨んでいる方は昇給なども年齢を問わずすぐに行われますが、逆に苦手な分野を伸ばす意思も見られない社員に対しては何の興味も持ちません。外資系企業で働く際は自分から積極的に成長していかなければならないということを覚えておきましょう。

英語力不門の外資系求人は一見すると優しい求人に見えるかもしれませんが、実際には猶予期間を与えられているだけに過ぎません。入社してから英語力を伸ばすことをしない人材がどのような評価を受けるかは実際に現場に立ってみないとわかりませんが、少なくとも良い評価を受けることは無いでしょう。外資系企業で法務の仕事に就きたいという方は英語力のアップについてもっと真剣に考えておいてください。

法務の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細

Recruit Agent


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 【法務求人サイトランキング】法務に特化した仕事探しに役立つ! All Rights Reserved.