法務の年収は?

法務求人TOP >> 法務求人の基礎知識 >> 法務の勤務時間・勤務状況は?

法務の勤務時間・勤務状況は?

企業の様々な法律トラブルを予防し、時には解決する法務は比較的良い待遇で扱われる事が多いらしく、充分な経験と資格さえあれば就職先には困らないとも言われています。しかし昨今の企業はどこも厳しく、年々残業時間も延びて来ているという話も出てきています。いくら良い職場でも必要以上に業務時間が長かったり休日が取れない環境ではいずれ身がが持たなくなってしまうので、現在の法務の勤務時間や勤務状況の平均値と照らし合わせて厳しい環境に身を置いていると感じた方は思い切って転職を検討してみるのも良いかも知れません。

現在の25歳から34歳のサラリーマンの平均残業時間は月28.6時間とされており、調査が開始された2007年以降の記録でも一番長い残業時間を記録したといいます。少し前までは20時間くらいが妥当なラインと言われていたような気もしますが状況はどんどん悪くなっているようです。こうした状況の中法務は比較的好条件で働けているところが多いらしく、現在の法務の平均残業時間は23.8時間平均以下の残業時間で働けているようです。ひどいところだと月60時間以上も残業時間に取られている企業もあるようですがさすがに法的トラブルを見つける法務に労働基準法違反まがいの職場環境を提供する企業はほとんど無いようです。

法務の勤務状況は他の職場に比べると比較的恵まれているところが多いようです。転職サイトなどの求人を見ても極端に労働時間が長いところもありませんし、週休二日制を取っているところも多く見受けられます。中には繁忙期に休日出勤をせざるを得ない状況に陥ることもあるかもしれませんが、それが日常茶飯事と言うところは皆無と言っていいでしょう。企業としても様々な法知識を持つ貴重な人材は貴重として待遇面には気を使っているところが多いという話もあるので、一度ここだという企業に就職する事が出来ればずっとそこで働くと言う方のほうが法務の場合は特に多いようです。

法務として就職するまでの間は様々な法知識を身に付け、難度の高い国家資格に合格したり、現場で求められる法務の知識を実際に体験しながら学びつつ一人前の社員として働けるようになるまでには相当な苦労が必要と言われています。そのため法務の就職や転職は待遇面よりもその職場で長く働き続けていたいかという点に注目するようにしたほうが良い結果を生むかもしれません。待遇面ももちろん大事ですが、そこばかりではなくもっと広い視点で就職先や転職先を探してみてはいかがでしょうか。

法務の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細

Recruit Agent


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 【法務求人サイトランキング】法務に特化した仕事探しに役立つ! All Rights Reserved.