法務求人の自己PRのポイント

法務求人TOP >> 法務求人の基礎知識 >> 自己PRのポイント

法務求人の自己PRのポイント

転職して他社の法務担当者として働きたいとお考えの方はこれから転職活動に向けて行動を開始しなければならないわけですが、まずは自己PRについて考えていきましょう。転職活動を行うにあたり自己PRを伝えるポイントは職務経歴書と面接の二つとなる事がほとんどです。この二つの伝え方によって相手に与える印象は大きく変わってくるので、少しでも自分のことを印象付けるためにも二つの自己PRの仕方について良く考えてみてください。

自己PRを伝える最初のポイントは職務経歴書の自己PRです。書類選考の際職務経歴書は自分のことを伝える最大のポイントとなるので、ここで手を抜くと書類選考を突破することすらできなくなるのでどのような形で自己PRをしていくべきかよく考えるようにしましょう。職務経歴書を書くのが苦手と言う方に多いのがこの自己PRで、自分のことをどのようにアピールしていくべきなのか判断に困る事が多いのだそうです。そういう方は別に過度に自分のことを褒め称えるような文章を考えなくても良いので、過去に行った業務の中で起きたことを思い出してその時自分がどのような対処を取ったか文章にまとめてみてください。そうすれば自然と自分がどんな考えを持ってどんな強みを持っているのか自然と見えてくるはずです。それが自己PRとして立派に機能してくれることでしょう。

面接の際の自己PRは職務経歴書に記載したことと同じことをそっくりそのまま話しても構わないと言う方もいますが、せっかく自分の言葉で話す事が出来るのですから文章では伝え切れなかったポイントを補足してより自分がどんな人間なのかを分かりやすく説明していきましょう。自己PRは具体例を示す事が出来るかどうかで話の信憑性が大きく増すので、説明に穴が無いようしっかり説明すれば印象はより強くなるでしょう。他の話題を出しても構いませんが、その時職務経歴書に書いた内容と矛盾するようなことの無い様注意しておいてください。

法務の転職は資格や経験があるだけでは成功させることは出来ません。どれだけ能力が高くても周りとのコミュニケーションを取る事が出来なければ業務をこなすことは出来無いので、一度そう思われてしまっては挽回は非常に困難なものになるでしょう。そういった事態を引き起こさないためにも自己PRは自分のことをアピールするというよりも自分のことを分かってもらうための場として考えるようにすると相手に与える印象も変わってくるのではないでしょうか。

法務の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細

Recruit Agent


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 【法務求人サイトランキング】法務に特化した仕事探しに役立つ! All Rights Reserved.