法務への転職で有利な資格はある?

法務求人TOP >> 法務求人の基礎知識 >> 法務への転職で有利な資格はある?

法務への転職で有利な資格はある?

企業が抱える法律トラブルのリスクを可能な限り軽減し、時にはトラブルを解決する法務の仕事は企業全体を支える非常に重要なものとして扱われています。そんな法務の一人として働くためには法的知識はもちろん様々なスキルが必要になってくるのですが、そういったスキルを分かりやすく示す事が出来る資格は就職の際大いに役立ってくれます。とはいっても法務に関係する資格は非常に多くの種類があり、それぞれ難易度や企業の注目度の高さに開きがあるので、転職に有利な資格は何かしっかりチェックしてください。

法務に必要な資格は色々ありますが、注目度が高い資格が何かといえばやはり行政書士や司法書士の資格は定番の資格といえるでしょう。行政書士は遺言書や契約書、内容証明といった官公署に提出する書類作成や提出手続などを行う際必要な資格で、司法書士は法律の知識を活かして法律のアドバイスを行う際必要となる資格として知られています。双方国家資格として非常に有名で合格率も低いことからこの二つのうちどちらかを持っているだけで転職には困らないというくらい重要な資格といわれています。その分取得するまでには並々ならぬ努力が必要になりますが、将来の事を考えれば多少の無理は覚悟で取得する価値は充分にある資格といえます。

法務に関する資格の中にはつい最近生まれたばかりの資格も存在します。ビジネス実務法務検定は1998年に創設された資格なのですが、今ではすっかり法務の間では定番の資格として知られるようになりました。この資格は法務に必要とされてきた資格の中でもより実務寄りの知識が求められる資格で、これを取得しているかどうかで実務に必要な法務の知識をどれだけ持っているかを分かりやすく判断する事が出来ます。ビジネス実務法務検定は3級から1級まで用意されており、社会人として働く方から法務部門の責任者クラスまで対応する事が出来ることから法務で勤務する人なら必ず取得しておく資格として扱われています。

法務に必要な資格と一口に言ってもその種類は多岐に渡り、中には司法試験まで含まれているといいます。そのため法務に必要な資格を全て取得するというのは現実的ではなく、自分が働きたい職場で必要となりそうな資格をピックアップして効率よく取得していくようにすれば転職を楽に進める事が出来るはずです。どのような資格が必要になるかは人それぞれ異なるのでまずはどんな資格があるのかチェックしてみてください。

法務の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細

Recruit Agent


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 【法務求人サイトランキング】法務に特化した仕事探しに役立つ! All Rights Reserved.