志望動機のポイント

法務求人TOP >> 法務求人の基礎知識 >> 志望動機のポイント

志望動機のポイント

法務の仕事は企業によって大きく異なるため、もっと違うスキルを身に付けたいという方が転職を希望するケースが多いといいます。しかし転職活動が中々上手くいかないという方も多く、難度も履歴書や職務経歴書を送ってもなしのつぶてと言う方はせっかくのスキルを活かせないまま時間ばかりを消費してしまっています。そんな事にならないためにも転職活動を始める際は予め転職の仕方についてしっかりと学んでおいて、すぐに転職先を見つける事が出来るようにしていく事が大切です。例えば志望動機一つ取っても書き方や話し方が違うだけで相手に与える印象は大きく変わってくるので、どんな形で伝えれば良いのか予め調べておきましょう。

志望動機は数ある企業の中でも自分がどうしてこの企業を受けようとしたのかを伝えるものですが、それと同時に自分がどんな経験を積んで、その結果自分が企業に対してどんな形で貢献する事が出来るのかを伝える事が出来る場でもあります。ただ単に給与などの待遇が良かったからなどの理由だけではどれだけ言いつくろっても不採用の可能性が大きく上昇するので、まずは自分がどんな事が出来、それらをどのように活かす事が出来るのか一度しっかり考えるようにしましょう。

志望動機を書く際は事前の情報収集も大切です。企業概要や企業理念など志望動機に繋げる事が出来そうなキーワードが無いか公式サイトなどをチェックしつつ文章の材料を集めておきましょう。それらを自分が過去に経験してきたエピソードに肉付けしていき、自分がこのようなスキルや考え方を持った結果、この会社で働きたいと感じ、転職を決意するに至ったのかを分かりやすく説明する事が出来ればこの上なく美しい形の志望動機を作る事が出来るでしょう。具体的なエピソードがあると中身に説得力が大いに増すので、そこを文章全体の基本とすることを忘れないようにしてください。

法務の転職活動は意外なほど難しいと言われています。資格や実績を積んでいれば確かに評価はされますが、それ以上に法務には重要な仕事を任せる事が出来る人間かどうかを判断されるので、少しでもそこに不安を感じさせてしまった時点で採用は難しくなってしまうでしょう。そのため志望動機や自己PRといった自分のことを伝える事が出来る機会を与えられたときは少しでも説得力を持たせる事が出来るような答えを予め良く考えておくようにしましょう。理想の職場で新しいスタートを切るためにも出来る事が無いか最後までじっくり考えてみてください。

法務の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細

Recruit Agent


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 【法務求人サイトランキング】法務に特化した仕事探しに役立つ! All Rights Reserved.