面接対策のポイント

法務求人TOP >> 法務求人の基礎知識 >> 面接対策のポイント

面接対策のポイント

法務担当者として長らく働いてきたものの今の職場とは違う環境に立って新しいスキルを学んでいきたいという方や、今の職場環境に不満を感じるから別の職場で自分が今まで積み重ねてきたスキルを活かしたいと言う方などどんなに良い待遇で働いていたとしても転職したいと感じることはあるものです。そんな時転職活動をどのように行うかによって合格率は当然アップするのでその方法を考えつつ転職活動を行って少しでも良い環境で働く事が出来るように最大限の気を配りましょう。面接対策一つ取ってもそういった心構えが強く出るので、真剣に臨んでください

法務担当者を募集している企業と面接を行なう事になった時の対策を考えるのは基本中の基本です。ですが油断していると面接中に思うような答えを出せないこともあるので面接対策はしっかりこなしていきましょう。例えば「転職理由」や「志望動機」、「これからの将来像」や「長所・短所」などに関する質問は面接官に聞かれる事が多いと言われています。これらの基本中の基本のような質問にどのような形で答えるかによっても相手側に与える印象は大きく変わってくることでしょう。それだけに質問の回答は時間を掛けて自信のあるものを用意したいところです。

こういった定番の面接の質問は答えはもちろんですが、話の内容の整合性についてもチェックされています。質問一つ一つが耳障りの良いものであってもその中身に矛盾が感じられるようではとても良い評価を得ることは出来ないので、質問一つ一つに注視するのではなく会話全体の流れについても良く確認しておきましょう。その場その場で考えた一時しのぎの回答は間違いなくマイナスの印象を与えるので、全ての質問の答えを想像して考えるまでは行かなくともこれは聞かれそうなポイントだと感じた点ははっきりと自分の意見を述べる事が出来るよう注意しておきましょう。

法務担当者は企業にとって非常に重要な人材です。時には一つのミスも許されないような業務を任せることもあるので、企業側にしてみればいい加減な人材は一人として入れたくないでしょう。なので面接を受け側としてはそういった印象を与えないように振舞う事が大切です。質問にしてもその場のでまかせのような回答はもっての他ですし、提出書類の内容や立ち振る舞いなど相手に悪い印象を与えそうなポイントは可能な限り排除して重要な仕事を任せても問題ないと思わせるような印象を与える事が出来るように努力しましょう。

法務の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細

Recruit Agent


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 【法務求人サイトランキング】法務に特化した仕事探しに役立つ! All Rights Reserved.